本文へスキップ

作品紹介 12gallery 12

][][][][][][][][10][11][12][13][14][15

『#ビリヤード』


イベント出展などで忙しくする週末もありますが。
ダラダラと、ゴロゴロと過ごしてしまう1日も多くあります。

でも、無駄に終わってしまう1日でも、そんな時間が自分には大切なわけで。
…と、自分に言い聞かせてゴロゴロと過ごしてしまう休日です。

『#傘』


傘、よく置き忘れてしまいます。忘れて帰ったことにさえ、気付かずに。
いざ、雨が降った日に、失くしたことに気付くんです。

どこで失くしてしまったのかも、なかなか思い出せなくて。
思い出したとき、もうそこには無いのかもしれません。

『#ノート』


罫線の幅とか、行数とか、マス目とか、枚数とか。
僕にだって、個性や特徴はあるんだけど。
誰かと似てるといえば似ているし、自分だけの個性だなんて自信は無くて。

でも、何かを書き加えられることで、たった1冊のものになるんです。
僕の中にある空白も、同じだろうか。

『#ヤドカリ』


ありがたいことに、自分を高く評価してもらえるのは嬉しいのですが。
実力が伴っていないと、申し訳ない気持ちになり、自信を持つことができなくて。

器の大きさに合うように、自分自身が成長していかなければいけないなぁ。

『#申』


猿も木から落ちる。その道に長じた者であっても、時には失敗することがある。

失敗しないためにどうしよう。失敗したらどうしよう。
考え出すと、心配が増えてばっかりです。

でも、得意なこと、好きなことなら、楽しむ気持ちを大切にしたい。

『#糸』


繋がっていたいと、あなたを想う気持ちで、縛ってしまうことが無いように。

気持ちに応えようとしてくれるよりも、あなた自身が進みたい道を歩んで欲しい。
それがどんな道であっても、あなたが選んだ道なら、僕はそれを応援したいと思うわけです。

『#こたつ』


消費電力に比例するわけではなくて、エアコンよりもこたつの方があったかく感じます。
どれだけ熱を出してくれるかではなくて、それをどれだけ大切にできるか。

与える側ではなくて、受け取り方次第なんだと思うわけです。
あの時もらった優しさも、もっと大切にできていれば、なんて。

『#くつ』


前に歩いて行こうと思ったら、右の靴と左の靴は、近づいたり、離れたり。
でも、ずっと近くにいられなくても、離れることもあるかもしれないけれど。

きっと、同じ方向を向いていれば、一緒に歩いていけるんじゃないかと思うんです。

『#切符』


ICカードを使うようになって、とても便利になりました。
乗換経路もスマホで検索すれば、とても簡単にわかります。

でも、小さい頃は切符を買うとき、路線図とにらめっこして。
行きたいところはどこかな、どうやったらいけるのかな、って。
もっと一生懸命に考えていたと思うんです。

『#脚立』


手の届かないものなんて無いなんて、もう言えないけれど。

それでも、あと2歩や3歩分くらいなら、何とかなるんじゃないかと思うわけです。
誰かを踏み台にしてまで、掴みたいとは思わないけれど、手を伸ばすことは止めずにいたい。

][][][][][][][][10][11][12][13][14][15
inserted by FC2 system